セロトニンが不足しないようにする生活習慣

グラスファイバーで作製されるギプスは、大変強靭で軽くて着け心地が良い上に長く使うことができ、水に濡れてしまってもふやけずに使えるという利点があるため、現在用いられているギプスの中でも主流なのは間違いありません。
アルコールを無毒化するという作用のあるナイアシンは、宿酔に極めて効果的です。不快な宿酔の素因といわれるエチルアルデヒドという化学物質のクラッキングにも関係しているのです。
最大の臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く蓄積した脂肪肝(しぼうかん)という病気は、動脈硬化や脳梗塞を代表とする多くの健康障害の素因となる可能性があることをご存知でしょうか。
ピリドキシンには、様々なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれるエネルギーの代謝に必要な重要な回路に取り込ませるために再度分解させるのを促す動きもあるのです。
暗い所だと光不足でものを見るのが難しくなりますが、より一層瞳孔が開くため、眼のレンズのピントを合わせるのに余計なパワーが使われてしまい、結果的に明るい場所でものを見るより疲労がおおきくなります。

脳内にあるセロトニン(5-HT)神経は、自律神経の調節や痛みの制御、様々な分泌物質の覚醒などを操っており、単極性気分障害(うつ病)の人はその活動が減少していることが明らかになっているのだ。
流感とも呼ばれるインフルエンザに対応した予防の仕方や治療法等必須とされる対処策は、それが季節性のインフルエンザであっても新型のインフルエンザでも変わらないのです。
患者数が増加しているうつ病は脳の中の神経伝達物質の「セロトニン」が不足することにより、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、なかなか抜けない疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図等の辛い症状が見られます。
脚気の症状としては、主に両手両足がジンジンと痺れるような感覚があったり脚の浮腫みなどが標準で、病状が進むと、悲しいかな、呼吸困難に至る心不全も誘発する可能性があります。
脂漏性皮膚炎という病は皮脂の分泌異常が原因で現れる湿疹で、皮脂分泌が異常をきたす主因としてはステロイドホルモンの一種である性ホルモンの均衡の乱れやリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの枯渇などが注目されているのです。

吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血というのは咽頭から肺へと至る気道(きどう、呼吸器のひとつ)から血が出ることであり、吐血の方は十二指腸よりも上部の消化管から出血する状態を示しています。
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、人の身体の中の脂肪が占有するパーセンテージであって、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(キログラム)×100」という計算式で把握できます。
体脂肪の量(somatic fat volume)に変動が無いのに、体重が食事や排尿などによって短時間で増減するような場合、体重が増えた人は体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減った方は体脂肪率が高まります。
1回永久歯の表面を保護している骨を浸食してしまうほど拡大してしまった歯周病は、悲しいことに炎症が沈静化することがあっても、なくなった骨が元の量に復活するようなことはまずありません。
結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、保菌者が「咳」をすることによって外気や内気の中に放出され、空中でふわふわと浮遊しているのを他人が空気と一緒に吸い込むことでどんどん感染していきます。